読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間嫌いなさびしんぼう

KAT-TUNのHyphenやらせてもらってます。さらにジャス民始めました。

KAT-TUNを支え続けます絶対Hyphenやめません彼らが戻ってくるまでは

皆さん、おはようございマングース(^^)/

今日はお休みなので、掃除と洗濯をしつつ書いていきたいと思います!

もうちょっと記事が書けて来たらアフィリエイトも始めたいな・・・。

 

さて、皆さん「Hyphen」って知ってますか?

これはKAT-TUNファンの愛称です!

私が彼らにはまったのは

たぶん2003年ごろ。

まだデビューはしていなくて

「ザ・少年倶楽部」を見るようになったのがきっかけだったはず(笑)

 

その時はまだ6人体制のGIRA☆GIRAなKAT-TUNだったな。

エロさとギラギラな強い目ときわどい歌詞が印象的で、

自分が声に出してうたうには、ちょっと抵抗ある感じ。

 

でも、超かっこよくて目が離せなくなった。✨

その当時から気に入っている曲は「青天の霹靂」

最近の少年倶楽部ではPRINCEの3人が歌っているとのこと。

引き継がれていくって、素敵やん!!

 

デビューが決まった2006年。

母と妹と三人できゃあきゃあ言っていた気がします(笑)

 

KAT-TUN」というグループにはまり、どんどん好きになっていく中で

私のドンピシャだったのが「中丸雄一さん」

キャラが薄いとか、ジャニーズっぽくないとかいろいろ言われているけど、

どのメンバーもKATーTUNの大事な存在なのは変わりません。

 

それに、みんながそれぞれのいいところを知らないのに

批判されているだけだ!!絶対そうだ!

 

中丸さんはまとめ役。喧嘩が起きたり、意見の食い違いがあった時に

一番のつなぎ役になってくれている人だと思います。

 

KAT-TUNの片栗粉とか小麦粉役ですな☆

 

キャラが薄いと言われないように、自分が埋もれてしまわないようにするために

はじめたボイパも今じゃプロ並み!みんなライブDVDみてみて!

マジやばいんやけ。かっこいいんよ!いやまじで←

 

さらにボイストレーニングもやっているみたいで

歌もとっても上手(^.^)/~~~

私の祖母も「いいね」って言ってくれてました!

 

徐々に人数が減り、中丸さんは30代。

やめていたどのメンバーとも仲良しだったのではないでしょうか・・・。

 

また、30代になり「アイドル」を続けていく中で

かなりのプレッシャーがあったと思うっちゃんね。

イケメンやし、歌もうまいけどあんまり自信のなさそうな

表情を見るとこころが熱くなります。

 

だから10ks!の時もあんなに泣いていたんじゃないかな。

出来ればそうであってほしい!

 

もしこの記事がKAT-TUNの皆さんの目に触れることが有るならば、

Hyphenの皆様が読んでくれることが有るならば、

みんなでこの思いを共有したいと心から思う。

 

 

KAT-TUNのみなさんがいたから

今の私がいる。

 

どんな状況になっても(解散はやだ)

Hyphenやめません!

どんな評価がされても、あなたたちは私のOnly Oneです!

 

この短い人生の中で

KAT-TUNというグループのファンになれたことを

誇りに思います!

 

I'm a Hyphen, forever!

I love you so much,I'm waiting for you.

See you again.(^_-)-☆

広告を非表示にする