読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間嫌いなさびしんぼう

KAT-TUNのHyphenやらせてもらってます。さらにジャス民始めました。

恐るべし、ピクサー! ファインディングドリーの魅力

Disney 人間心理

あぁ…暑い。

なんて暑いんだ。

心も体もなんとなくバテ気味な毎日。

楽しそうな事を見つけても

しんどいし。の一言で片づけてしまう私。

 

いかん!このままでは

なにもやらんうちに天へ登ってしまう!

 

そんな私は久しぶりに映画館へ行ってきました♪

前回は名探偵コナン 純黒の悪夢 (ナイトメア)を

見たのですが、大満足でした☆

名探偵コナンではハラハラ ヒヤヒヤするシーンに

心が躍り、ラストで涙して帰宅しました。

 ←クリックで拡大

今回はDisney映画にトライ!

現在、大ヒット上映中のファインディングドリー。

 

いや、メッチャ良かった!

遠出してみた価値はある!

心に響くシーンがいくつもあった。

 

小さなお子様は楽しんでみて欲しい。

中学生から大人にかけては考えながら見て欲しい。

 

ドリーといえば忘れっぽいおてんばな女の子。

この「忘れっぽい」がキーワード。

 

ファインディングニモではニモの父親 マーリンが

この忘れっぽい所にイライラしたり、悩むシーンが

いくつもありました。

でも、マーリンの息子のニモを探して旅をしていく中で

それを乗り越えてカクレクマノミの親子と

ナンヨウハギの女の子が一緒に生活をするようになりました。

 

今回の話は、その後から始まります。

さらに主役はドリー。

私はドリーの家族を知りません。前作では

その話はほぼ出てこなかったのです。

今回の内容はドリー自身も忘れつつあった自分の家族を、

思い出し、探すために旅に出るお話。

 

そういえば1作目の時も「私の家族はどこ?」と

ドリーが呟くシーンがありました。

みなさん、覚えていますか?

2作目を見始めたときにそれを思い出しました。(笑)

 

最終的にハッピーエンドなんですが、

感動のラストよりも心に響いたシーンがいくつかあります。

 

私の観点がずれているのかただ涙もろいだけなのか

わかりかねますが、結構序盤で泣けます\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

とりあえず小さい頃のドリーは目がおっきくて

めちゃめちゃ可愛いです。あのイラストサイコー!

声もメッチャ可愛くて、あぁ子どもなんだなと

実感することができました。

 

ドリーが忘れっぽいのは子どもの頃からである

というストーリーなんですが、ドリーと両親の

会話でまず泣けました。

生き物たちはたくさんの個性を持っています。

人間だって、魚だって、どんな生き物だってそうでしょう。

 

その中で「忘れっぽいことは悪いことか?」という

セリフがあるんです。

心が痛かったです。小さいながらも自分が

両親を困らせていると悟ったドリー。

 自分はダメな子かもしれない。

そんな感情を抱かせるこのセリフに

ナイフで切り刻まれたような痛みを感じました。

 

みんなそれぞれいいとこもわるいとこも

持ち合わせて生きている。

それを再実感しました。

今、自分のことを好きになれない人や

自分のことを大事に出来ない人が

増えていますよね。私もそうです。

人に褒めてもらっても「私なんか…」と

悲観的になってしまうし、自分の顔もからだも声も

大っきらいになってしまう時も良くあります。

それを大丈夫だよ。って教えてくれるような

内容でした。これはぜひ注目してほしい。

 

そして両親の寛大さ。

何を言っても何をやってもすぐに忘れてしまう

小さな愛娘。可愛い事に間違いは無いでしょうが

どこかいらっとすることは必ずあったはず。

それでも毎日少しでもできたらいっぱい褒める!

どうやったら覚えられるのか手段を考える!

という愛情の深さ。

私も両親に会いたくなりました。

 

忘れっぽいと自覚したドリーは

また忘れちゃう。と思っていたのではないだろうか。

でも本当はおぼえていた。もしかしたら忘れっぽいのは

思いこみだったかもしれない。

出来ない事じゃないのに、出来ないと思いこんでしまうことで

本当にできなくなってしまう。

 

みんな、無限の可能性があるにも関わらず

それを思いこみによって制限しているかもしれない。

 

チャレンジすること、やってみることの

大切さも教えてくれる。

クリックで拡大→  

 

改めてDisneyのすごさを実感しました。

普段あまりDisneyに興味のない方も

この機会にぜひご覧ください。

 

←クリックで拡大 

 

 

広告を非表示にする