人間嫌いなさびしんぼう

KAT-TUNのHyphenやらせてもらってます。さらにジャス民始めました。

モアナと伝説の海海に選ばれた少女が感じたものそしてたどる道

やっと見に行けましたよ。

「モアナと伝説の海」

海に選ばれた少女。彼女の名は、モアナ。

2017年3月10日に公開になった

ディズニー映画最新作。

海はお友達。心を失くしそうな時、見つめ直して。

自分の道を決められるのは、あなただけ・・・

 

予告映像にひかれて、見に行ってきました。

海と友達になった少女、モアナ。

彼女の運命とは・・・。

 

舞台はきれいな海に囲まれた島「モトゥヌイ」

この島では外洋に出ることが禁じられていた。

平和に暮らしていたモアナたちの島に異変が訪れる・・・。

海の不思議な力に選ばれた彼女はその異変を止め、

世界を救うべく、禁じられた外洋へと旅に出ていく。

 

ファンタジーの世界でも現実の世界でも

人間と海は切っても切れないきずなで

結ばれている。

 

ディズニーでは、ヒロインがお姫様だったり、

人魚姫だったり、野獣が出てきたり、

動物がメインだったりするんですが、

今回の物語のヒロインは普通の女の子。

その少女が海に選ばれたことから

話が始まる。普通の女の子というのが

感情移入がしやすくて、内容が心に

伝わりやすくしていると私は感じた。

 

たくさんのキャラクターが登場する中で

私がいちばん気にいったのは、

モアナの祖母に当たる「タラ」

背中のマンタのTATOOがポイント。

モアナの良き相談相手で、島の歴史や伝説を

子供たちに伝えている。

モアナの旅は前途多難。

嵐にあったり、船の操縦がうまくいかなかったり、

いろんな困難を乗り越えていく。

最終困難に出会ったモアナが、迷い

じぶんの道を見失ってしまったときに

登場するのがこのタラおばあちゃんです。

 

おばあちゃんは答えをくれるのではなく、

たくさんのヒントと愛情と勇気を

くれるのです。それをうけて

モアナは自分自身を取り戻し、

みんなを世界を救うためにさらに危険なエリアへ。

 

救うためにはタラおばあちゃんから預かった

テ・フィティの心を元の場所に返さなければなりません。

 

じぶんの身の危険を顧みず、世界を守るために

突き進んでいくモアナの姿は、アラサーの私の心に

ずしんときました。

 

私自身が海の近くで働いていることも

少し関係していると思うのですが、

家の大切さ、海は危険であり、素晴らしいものであるということ。

協力すること、人を、自分を信じるということ。

いろんなことが駆け巡っていった。

 

色恋ネタやサプライズ、ストーリーに関して

あまり楽しめなかったという感想を

聞きましたが、私はかなーーーり楽しめました。

 

おばあちゃんとモアナが出てくるシーンは

すべて大号泣してました。

一緒に見に行った相方がちょっと引くくらいのレベル(笑)

TATOOはその人の運命、その人の魂に関係するのだろう。

タラおばあちゃんはマンタのTATOO。病に倒れ、亡くなった後は光るマンタとなり

モアナのサポートをしてくれる。

 

私の祖母の姿にきれいにはまったこともあって

涙は止められなかった。

悲しくなった時、苦しみを感じたとき、

どれが正解かわからなくなった時。

私が苦しんだ学生時代を助けてくれたのは

祖母でした。この映画のおかげで

私は祖母のことを思い出すことができて感謝することができました。

 

ディズニーの映画は決して子供だけが

楽しむものではありません。

大人には大人の楽しみ方があって

アラサーにならないとわからないことだってある。

 

大人の感情で楽しむディズニー・・・いかがですか?

 

www.disney.co.jp

 

これは、確実にDVD買います。(笑) 

広告を非表示にする